新しい乳酸菌のかたち★LA SANTE(ラサンテ)

lasante
スポンサーリンク

この記事は、腸の健康を考えるうえで、積極的な方法を探しておられる方にオススメです。

積極的とは、食べ物や食事の仕方も工夫しているけど、あまり効果が感じられないなどで

もっと違うアプローチがあれば。。という方へのご紹介です。

近年、注目を集めている腸内環境。最新科学では脳と連携して身体に必要な命令を出している腸は考える臓器と言われています。

ご紹介する、サプリメント ラサンテは、乳酸菌を生きたまま腸に送る、を通り越して、腸に送られた乳酸菌が発酵して生み出される「乳酸菌発酵物質」を直に腸に届けるという画期的な商品です。

ラサンテはこんな方にオススメです!

身体と心のネットワークを考えると、腸の不調は身体から出されている不調のサインと見ることも出来ます。

こんな症状のある方は腸内環境が乱れている可能性があります。

1.下痢や便秘

2.お腹の張り

3.お腹がゴロゴロする

4.おならの増加

5.便の状態の変化

6.肌つやの低下

など。

これらに、急激な体重の減少や、腹痛、胸焼けなどの症状が一ヶ月以上つづくようなら、病院での診察を受けたほうがよいでしょう。

内科的な問題もなく、長引くお腹の不調は、腸内細菌のバランスが長期にわたって崩れているかもしれません。

腸内細菌に必要な栄養素が取れていなかったり、悪玉菌の栄養になるような食生活だったりと、身体の防御機能が落ちていることが考えられます。

そんなかたには、今回ご紹介するラサンテを是非、お試しいただきたいと思います。

トリプル・シンバイオティクスのラサンテ

3つの機能を兼ね備えたBG・21菌発酵物粉末

1.プロバイオティクス

2.プレバイオティクス

3.バイオジェニックス

プロバイオティクスとは

 腸内フローラのバランスを改善し、健康に有利に働く、乳酸菌やビフィズス菌のうち、厳選した21種・21株を含有しています。

私たちの腸内には、約100兆個腸内細菌が存在すると言われています。

ちなみに、人間の細胞の総数は約60兆個と言われていますので、それより多い細菌が腸に住んでいるというのは驚きです。

そのなかで善玉菌とよばれる腸内細菌の代表格は乳酸菌やビフィズス菌です。

善玉菌がしっかり働くと、腸の粘膜のバリア機能が高まり。外部からの細菌やウイルスに対しての免疫力がアップします。

ところが、この善玉菌は年齢とともに減少していくことがわかってきました。原因はわかっていませんが、善玉菌が徐々に減り始め、代わりに悪玉菌が増える傾向になります。特に60歳を過ぎた頃から、この傾向は顕著に現われてきます。

腸内細菌の種類が多いほど、免疫力もアップしますので、主に食品からとるバランスの良い腸内細菌の栄養素は重要です。

が、たくさんの食品を取ることが難しく偏りがちになる栄養を補うものが

ラサンテBG・21菌発酵物粉末、21種・21株のプロバイオティクスでとる栄養素です。

プレバイオティクスとは

ラサンテには腸内の善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を発展させた、乳酸菌発酵食物繊維と大豆オリゴ糖を含有しています。

食物繊維は善玉菌のエサとなり、腸内フローラを整えます。水溶性食物繊維は水分を引き込んで便をやわらかくします。

ちなみに食べ物でとるなら、ブロッコリーがオススメです。加熱しても栄養素が壊れにくいので扱いやすいですね。海藻類・ごぼうにも多く含まれます。

ラサンテはこれらの食品をとる補助食品としても使いやすいサプリメントとなっています。

バイオジェニックスとは

100兆個の腸内細菌が住んでいる、私たちの腸は生まれてくる時は無菌状態です。

そして、主に両親などの接触によって細菌に感染しますので、両親の腸内細菌のバランスと似ていると言われています。

腸内細菌は食べ物から栄養をとり、代謝物質を生みます。

身体の中にある腸内細菌はそれぞれ好む食べ物が違います。

もし、あなたの中にある乳酸菌のエサを十分に取れていないと、代謝物から得られる防御力は落ちてしまうでしょう。

それを補えるのが、このバイオジェニックスという作用です。

多種多様な乳酸菌生産物資として、517種の栄養を直接体内に届けます。(乳酸菌生産物質PS-B1含有)

この働きによって、自身の善玉菌を増やし、育てる作用が効率よく働くのです。

傾腸という習慣をつけましょう♪

腸はお腹の中にありますが、じつは身体の外とも言えます。

え??と思われましたか?

じつは腸に限らず、人間の消化器は口が入り口で肛門が出口の一本道のようなものです。

ですから、食品にくっついている細菌やウイルスも全てお腹の中に入ってきます。

多くの細菌やウイルスは胃の酸や腸の免疫力でブロックされて、身体は守られています。

でも、腸内環境の悪化で、十分な免疫力が発揮できないと、身体は菌に負けてしまうことがあります。それが、病気という形で現われます。

病気になるまでに、腸はなにも教えてくれないのでしょうか。

いえ、腸はいろいろな形で私たちにサインを送っています。

それが、初めにお伝えしていた、様々な腸の不調のサインです。

腸内細菌の宿主であり、影響を受ける私たちは、これらのサインを読み取って、対処してあげることで、健康な状態を保てます。

日々、身体の中で戦ってくれている、腸内細菌に感謝をしつつ、送ってくれるサインに答えて、食生活を見直し、つや肌の素敵な女性であり続けましょう♪

ラサンテは当院にて販売しております。販売元:PROVENCEでもお求めいただけます。

腸内環境について関連記事はこちらになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

また、他の記事でお会いしましょう!玲でした♪

広島県廿日市市女性専門整体院 玲-rei-

参考本:新しい腸の教科書 著者 江田 証 株式会社池田書店発行

ラサンテ販売元:グリーンピールサロン PROVENCE

コメント

タイトルとURLをコピーしました