知らないと危ない脂肪!トランス脂肪酸とは?

さわやかな空

お急ぎの方は、見出しと赤い太字に黄色いマーカーの部分だけでも読んでみてくださいね!

トランス脂肪酸ってなに?

【トランス脂肪酸】とは【トランス】=変化する+【脂肪酸】です。

何が変化したのか?

これは化学反応の世界の話です。

液体の油を固体にする仮定で、高圧高温での水素ガス反応をさせると起こる反応で

その結果、自然界には存在しない人工的な分子構造の油が生まれます。

これが【トランス脂肪酸】と言われる物です。

身近なトランス脂肪酸が含まれる食品

何気なくスーパーで買い物をしていると、トランス脂肪酸を避けることは困難です。

例えばこんな食品が対象になります。

  • マーガリン
  • ファットスプレッド
  • ショートニング
  • 食用油脂を使用したマヨネーズ
  • 食用油脂を使用したドレッシング
  • ホイップクリーム
  • ラクトアイス
  • 口どけの良いチョコレート
  • 惣菜の揚げ物
  • ふわふわ、もちもち食感のパン・菓子パン・おかずパン・ドーナツ
  • 乳化剤や植物油脂を含むクリーム系デザート/プリン
  • マーガリン・ショートニングなどの加工油脂を使ったクッキー・デザートなど

いかがですか?何も意識しないで買った商品の裏や下にプリントされている、食品表示ラベルを見てみてください。なかには完全固体ではないものも在りますが、精製の過程で変性するので同じ扱いになります。

上記以外にもこんな表示のものも、トランス脂肪酸です。

  • 加工油(脂)
  • 植物精製油(脂)
  • 食用植物油(脂)
  • 植物性油(脂)
  • 植物油脂(脂)

多くの食品に使われているのがわかります。

トランス脂肪酸が身体に起こす悪影響とは

トランス脂肪酸は身体に入ると、そのまま身体をつくる材料として使われます。

脂肪は身体全体を構成する細胞膜の原料になります。

ただし、自然界に存在しない分子配列の異常な脂肪なので、異常な細胞膜を作り、

その結果、膜の機能が不十分となったり、異物とみなされ、自分の抗体から攻撃をうけてしまい炎症の原因ともなります。

脳神経細胞膜も脂から作られるため、膜の機能が果たせず、様々な病気を引き起こす要因と考えられています。

油と炭水化物、どちらが大切?

答えはご想像どおり、どちらも大切です。

一時期流行していた【炭水化物ダイエット】というものがありました。

炭水化物の摂取を極力減らして、代わりに蓄積された中性脂肪を燃焼させてダイエットにつなげるという主旨のようです。

実践された方の中には、目標の体重に無事たどり着いた方もいらっしゃいますが、一方、健康を損ねてしまったというお話も耳にしました。

私がいろいろな意見を見て思うのは、極端な炭水化物カットはリスクが高いということです。

これについてはまた別の記事にします。私の身近で起きたショッキングな事件が元になります。

話を戻して。。

脂質は、細胞膜の主要な成分であり、主要なエネルギー源でもあります。

人間はエネルギー源として脂肪を優先的に蓄積しやすいため、脂質をとりすぎると、肥満、心筋梗塞をはじめとする循環器疾患のリスクを高める可能性があると言われています。

中でも、トランス脂肪酸は血液中のLDLコレステロール(悪玉)を増加させHDLコレステロール(善玉)を減少させることがわかっています。

なので、トランス脂肪酸を多くとりつづけると、冠動脈性心疾患のリスクを高めることも農林水産省のホームページでも示されています。

一方、炭水化物中心の食生活ではどうでしょう?

とくに、血糖値が上がりやすい、白砂糖などの炭水化物を多くとると、血糖値及び血液中の中性脂肪値が上昇し、これはまた、冠動脈性心疾患のリスクが高まります。

また極端に油の摂取が少ないと、エネルギー不足に陥ったりする可能性もあります。

結果、質の良い本物の油と、血糖値の上昇がゆるやかな炭水化物をバランスよくとることが基本となります。

トランス脂肪酸からの健康被害への対応・海外編

食の安全基準に敏感な海外では、すでに規制がかかっている国もあります。

  • 使用上限値の設定/表示義務あり・・・デンマーク・英国・フランスなど
  • 使用規制・・・アメリカ一部地域・カナダ・台湾など
  • 表示義務・・・韓国・中国など
  • 国民への啓蒙活動・・・アメリカ
  • 自主低減措置・・・オーストラリア・ニュージーランド
  • 無規制・表示義務なし・・・日本

規制も表示義務も無い日本では、たくさんの食品に使われているのが現状です。

まとめ:【トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか?】

【トランス脂肪酸】の正体は、油を硬化させる段階で、分子構造が変化してしまった

自然界に存在しない油です。

人体への影響は、血液中のLDLコレステロール(悪玉)を増加させHDLコレステロール(善玉)を減少させ冠動脈性心疾患のリスクを高めると言われています。

海外では使用規制の対応策がとられていますが、日本では何の規制もありません。

私たち、消費者側が理解して、選択すべきものです。

すべてのトランス脂肪酸を避けて通ることはとても大変ですが、わかりやすいものを避けるだけでも、長い年月を考えると大きな差になってくるはずです!

以上、参考になれば嬉しいです。

また別の記事でお会いしましょう!玲でした♪

広島県廿日市市女性専門整体院 玲-rei-

女性専門整体院-玲-rei-のインターネット予約はこちらから♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました